FC2ブログ

終わりと始まり 

小川

住宅街の中にある細長い林、
人工の小さな川が流れていて、たまに出かける、私のお気に入りの場所です。

今年の秋、この小川に、鮭(サクラマス)が産卵のために何十匹も
遡上してきていました。
川のあちこち、手が届きそうな距離に、何組もの鮭カップルが…ビックリ!!
以前、知床で、遡上するおびただしい数の鮭を、遠目には見た事はありましたが、
こんなに近くで見たのは初めて。

一生懸命尾びれで穴を掘ったりしている鮭の周りを、
繁殖の隙を狙うヤマメのオスが素早い動きでチョロチョロ。
猛々しい顔付きになっているオス鮭が、何度も追い払っていました。
テレビでしか見た事が無かった光景!思わず目が丸くなりました。

約一週間後に、また見に行くと、川岸には、命を全うし、腐りかけた何匹もの鮭が・・・。
川の中をのぞくと、前の週とはうってかわった光景。
尾びれも背びれも骨が出るほどボロボロ、鱗もはげおちた姿で、弱々しく泳ぎながら産卵床を守る鮭、
その付近で川底に沈み、横たわって動かなくなっている鮭・・・。
死を待つだけの弱った姿に、自然とは、そういう摂理になっていると思っていても、
可哀そうで、なんとも言えない物悲しい気持ちになりました。

鮭
これは、尾の方が白くなってしまっていますが、傷の少ない個体。
あまりに傷だらけの鮭の写真は、痛々しくて、撮れませんでした。

この鮭たちの遺した無数の卵から、冬には、小さな命が生まれて、
冷たい川を泳ぐのでしょう。



この前の、台風と地震ダブルパンチの爪痕もあちこちに。
かなりの本数の木が倒れていました。

広範囲に土手が崩れている箇所も。
(ケガをした人は居ないようなのでよかったです・・・)
倒木

倒木

倒木
道路に近い所も。ひ~・・・

倒れてしまって、処理されるため、輪切り状態にされていた木。
倒木
年輪数えてみたら、80歳ほどでした。
これは太い木だったので、100歳くらいかな?と思って数え始めたのですが
意外と若かった!

だけど80歳、私よりだいぶ年上。
しばらく前までは青々としていたはずの、たくさん茂った葉が萎びていて、かわいそうでした。
私より先に生まれて、私よりたくさんの太陽を見てきたこの木の一生は、幕を閉じたんだなぁ。

成長した大きな木々が倒れた後に、日の光がたくさん当たるようになった林床には、
世代交代でこれから新しい若木が育つのでしょう。

命を終えたものと、これから生まれるもの。
終わりはかなしい、けれど、それが無いと始まらないこともあるんだな、と
鮭と倒木をみながら、思いました。

プロフィール

あんず

  • Author:あんず
  • ミニチュア&テディベア
    小さいもの大好き♪
リンク
カテゴリー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -